A.D.20XX 宇宙征服。

スペースシャトル「チャレンジャー号」事故の原因は何だったのか!?

time 2016/02/11

スペースシャトル「チャレンジャー号」事故の原因は何だったのか!?

NASAは危険を知っていた!?

 

はて、そんなつららができるほど寒いのに、

その危険性に誰も気づかなかったのか??

んなこたぁーない。

 

SRBを製造してるサイコオール社は当然、低温は危険だと知っていた。

特にそこの技術者は危険性を主張していたにも関わらず、上層部はそれを無視

d4a91f26

上層部:「できないのかね?」

技術者:「・・・・・・・・。」

 

スポンサードリンク

 

サイコオール社はNASAからしたら下請業者である。

NASA様が「やる」といったらやらざるを得ないと。

d4a91f26

NASA:「できないのかね?」

サイコオール上層部:「・・・・・・・・・。」

 

 

他にもシャトルの契約企業であるロックウェル・インターナショナル社の技術者も、つららができてたことに懸念を示して上層部に報告していた。

でもそこでもやっぱり上層部は報告を無視

d4a91f26

上層部:「できな(略

 

 

NASAもNASAで、当時は安全性よりもスケジュールを優先する風潮だったようで、

下請業者にはオラオラだったんだろう。

 

スポンサードリンク

 

コンプライアンスなんてもんは二の次で、プロジェクトの進行を第一に考えたいわゆる「大企業病」に冒されていたのがホントの原因だったわけだ。

 

完全に人災やないか!

亡くなった宇宙飛行士が浮かばれんのう…(´・ω・`)

 


 

はい、以上でした。

 

この事故の後、安全性が見直されたりもしたみたいだけど。

結局2003年、再び大惨事を起こすことになるのである…。

 

⇨コロンビア号空中分解事故に続く…。

 

天下のNASAといえど、巨大な組織になると大和田常務みたいな文化を変えるのが難しいもんなのかねぇ。

まあ時代も時代かもしれんけどねぇ。

コンプライアンス、大事。

(Visited 5,933 times, 1 visits today)

PAGE 1 PAGE 2

スポンサードリンク

down

コメントする




書いてる人

soyat

soyat

まいどはじめまして。 soyatです。
宇宙に憧れる管理人が、宇宙に関する様々な疑問や現象について思いつくままに紹介するブログです。
ではごゆるりとお楽しみくだされ。

ブログランキング参加してます。
よかったらポチっとお願いします!!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
にほんブログ村

カテゴリー



カレンダー

2018年8月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031