A.D.20XX 宇宙征服。

惑星との距離が1兆キロ!?史上最大の恒星系を発見!!

time 2016/01/28

惑星との距離が1兆キロ!?史上最大の恒星系を発見!!

どうも。

 

この度、観測史上最大の広さを誇る恒星と惑星が発見された。

 

太陽系だと、中心の太陽から一番端っこの海王星までの距離はだいたい

45億kmである。

いやこれでも十分広いやんけ。

 

45億kmを歩いて行くとしたら、実に43万5,000年はかかる計算になるというどうでもいい話だ。

 

今回見つかった史上最大の距離とは!?

スポンサードリンク

史上最大、その広さは…

 

今回見つかった恒星と惑星。

太陽系みたいに中心に恒星があって、その周りを惑星が回ってる天体を

「恒星系」って呼ぶんだけど、

その恒星系に史上最大のスケールを持つヤツが現れたと。

 

で、その距離だけど…

なんと1兆km!!( ゚Д゚)

 

中心の恒星からその惑星までの距離が1兆kmである。

1兆kmってどんだけだ。

 

例えると、例えると…

え〜っと。

 

アレだ、光の速さで1年進むとだいたい10兆kmだから、その10分の1だから…。

余計わからんし!

 

地球1周が約4万kmである。

つまり地球を2,500万周する計算だ。

earth-729949_640

 

 

どんな星なんだ

 

で、実はこの恒星と惑星は新しく発見されたわけじゃなかった。

8年前から発見されてて、

どっちもポツネンとした1人ぼっちの星(笑)と思われてたのだ。

-shared-img-thumb-PAK93_heyadehitoribocchi20140322_TP_V

ポツーン…

 

それがどうも2つの星の動きを見てるとシンクロしてるやんけ、ということで調べてみたらこの通りよ。

ぼっちじゃなかったんやな、すまんかったw

 

この惑星には「2MASS J2126」とかいう名前がついてて(何だこの名前ww)、かなり巨大だ。

地球の300倍以上の質量を持つ木星の、さらに15倍の質量を持っている。

超デカイ。

giant-1013693_640

 

 

この「2MASS J2126」と恒星との距離が1兆kmってことはだ。

地球と太陽の距離がだいたい1億5,000万kmだから…。

7,000倍である。

 

恒星と1兆kmも離れてると1周公転するのにどんだけ時間かかるんだと。

地球が太陽の周りを1周公転するのに1年かかる。

 

この惑星の場合は1周するのに90万年かかる。

なんぞそれ…。

 

スポンサードリンク

 

なのでこの惑星が誕生してまだ50周くらいしかしとらん。

長生きしろよ…。

 

 

太陽系だって広いんやで

 

んで。

これまで1兆kmすげーハンパねーヤベーっつってきたけど、ボクらの太陽系だってけっこう広いんやで。

 

惑星でいえば、太陽〜海王星の45億kmが一番遠いけど、

さらにその外側、太陽系の端っこまでは15兆kmある。

solar-system-11111_640

そう、太陽系の直径は30兆kmもあるのだ。

 

なので1兆km離れた惑星があっても不思議じゃない…と思うのは素人だからだろうか。

惑星を1兆kmも離れた場所で引き止めておくのはエライことなのかもしれん。

 

誰かおしえてエロいエライ人!!

 


 

はいはい、以上でした。

 

いやあ宇宙ってのは毎年のように新しい発見があって面白いのぅ。

今回の発見がどんな意味があるかわかんないけど、果てしなくロマンを感じれることは確かである。

 

いやぁ〜、宇宙って、ほんっっとにいいもんですね!!

(Visited 2,764 times, 10 visits today)

スポンサードリンク

down

コメントする




書いてる人

soyat

soyat

まいどはじめまして。 soyatです。
宇宙に憧れる管理人が、宇宙に関する様々な疑問や現象について思いつくままに紹介するブログです。
ではごゆるりとお楽しみくだされ。

ブログランキング参加してます。
よかったらポチっとお願いします!!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
にほんブログ村

カテゴリー



カレンダー

2017年10月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031