A.D.20XX 宇宙征服。

ニュートリノって何!?何かの役に立つの!?振動とか質量とか…

time 2016/02/06

ニュートリノって何!?何かの役に立つの!?振動とか質量とか…

どうも。

 

2015年、東京大学の梶田隆章博士がノーベル物理学賞を受賞した

受賞テーマは

「ニュートリノが質量を持つことを示したニュートリノ振動の発見」

 

あぁん?

あんだって!?

iStock_000020658424_Medium

と老人の如く聞き返したくなる内容だけど、ノーベル賞とったんだからスゴイにちげえねえ。

 

で、結局ニュートリノって何やねんていう疑問しか残らんかったんで、調べてみたんよ。

スポンサードリンク

ニュートリノって何ぞ??

 

で、ニュートリノとは何か。

この質問は一番本質的な問いである。

 

研究者からしたら

「それが何かわかんねぇから研究してんだよ!」

と。

man-932840_640

 

けどこれじゃあ話が進まんので、一応わかってるとこまでのお話をば。

 

 

素粒子っていうヤツ

 

ニュートリノってのは「物質を構成する最小単位」の素粒子である。

物でも人間でも、細かくしてくと分子、原子っていうレベルまで小さくなる。

科学の授業を思い出せ!!

atom-1013638_640

そっからさらに細かく見てくと、素粒子っていうとこに行き着く。

 

当然めっっっっっちゃ小さいんで、

どんな物質でも貫通しちゃう

 

ニュートリノはそーゆーレベルの物質であると。

当然、目で見えないし触ってもわかんない。

知覚することなど不可能なのだよ。

 

スポンサードリンク

 

それ、どこにあるの?

 

んでこのニュートリノは宇宙から飛んで来る物質で、

常に地球に降り注いでいる

もちろん我々人間にもね。

 

何でも

毎秒100兆個ものニュートリノが我々の体を貫通している

のだ。

w621_easier-way-to-alkaline

 

 

マジか。

大丈夫なのかソレ。

 

と若干不安になるけど、まあ地球が誕生したときからのことだからたぶん大丈夫なんだろう。

 

ニュートリノは空からも飛んで来るし、

地球の裏側に飛んで来たヤツが地球を貫通して地面からも飛んで来る

まさに毎秒毎秒、360℃ニュートリノの砲撃を浴びてるようなもんだw

448

<出典:elephantgo.com

 

こんだけ当たり前に大量に自然界に存在してるくせにその存在を感じない。

当然、質量なんか無いんだとみんな考えておったんじゃよ。

 

ニュートリノの謎と発見

 

この謎の物質ニュートリノを観測すべく、人類は観測装置を発明した。

梶田博士が使用した観測装置「スーパーカミオカンデ」は、

5万トンの水で満たされたタンクを通過するニュートリノがたま〜に水の原子と衝突して発光するのを観測する装置である。

SK_naibu

<出典:www-he.scphys.kyoto-u.ac.jp

 

この装置を使って、空から飛んで来るニュートリノ地球の裏側(地面)から飛んで来るニュートリノの数を比較した。

まあ普通に考えれば、この2パターンは同じくらいの数になるだろうと。

 

でも実際は、

地球の裏側から来るニュートリノは空から来るヤツよりも数が減少していた

これは何を意味するのか?

 

どう考えても地球を貫通してる間にニュートリノが変化してるに違いない。

じゃあ何が起きてるのか。

 

 

次ページ、ニュートリノの振動…それが何だって!?

(Visited 2,175 times, 1 visits today)

PAGE 1 PAGE 2

スポンサードリンク

down

コメントする




書いてる人

soyat

soyat

まいどはじめまして。 soyatです。
宇宙に憧れる管理人が、宇宙に関する様々な疑問や現象について思いつくままに紹介するブログです。
ではごゆるりとお楽しみくだされ。

ブログランキング参加してます。
よかったらポチっとお願いします!!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
にほんブログ村

カテゴリー



カレンダー

2017年12月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31